2008年06月10日

ホタル 鯉の子

ホタルや鯉の赤ちゃんや自然のパワーのみなぎるこの時期、自然の生態に影響なく
遠慮しながら手入れは続く・・・

箱根湯本の弊館のお庭のホタルは基本自然まかせで、カワニナの保護にはとても注力している。
近年は毎年居てくれるので環境は壊していないようだ。
(ピークはいつというのは断言はできない、小さいのに繊細な自然体。)
各地の若旦那ブログ拠点でも話題になって
それぞれに Earth Conscious 自然を大切に、来年も鑑賞できるように保全に努めてる。
地域を結ぶ共通の理念みたいなものがうれしいですね。

 体長2.5ミリの鯉の赤ちゃん。
 より回遊しやすくするために。
 


Posted by る~び~oarsman at 19:11│Comments(2)TrackBack(0)Bulletin

この記事へのトラックバックURL

http://yoshiike.wakadanna.jp/t868
この記事へのコメント
こんにちは。やっと定期購読できるようになりました。このご時世、ニュースなどはタイムリーで入ってくるのですが、毎日蒸し暑くてドンヨリしたこの地で、箱根の季節感あふれる画像、話題を楽しみにしています。
Posted by HKG支部 at 2008年06月12日 08:50
HKG支部 様

箱根は梅雨のわりには好天続き、夏の準備も早めになりそう。
海外に暮らすと”温泉入りたくなる病”にかかりますのでそんな時は
NHの深夜便でHND経由で来れば週末で充分楽しめますよ。

ぜひおいで!
まってます
Posted by る~び~oarsman at 2008年06月14日 14:25
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません