2008年05月12日

水防演習

週末、冬に戻ったような寒さのなか、所属する箱根町消防団第1分団は
神奈川県の水防演習に参加してきました。 寒かった~。

小田原・箱根・湯河原・真鶴の合同で酒匂川のスポーツ広場をもうぐっちゃぐっちゃにしながらの
大規模演習で、雨降ってる程度では ”こりゃ中止はないね” って感じの大行事でした。

台風X号 900ヘクトパスカル 最大風速60mの台風が来て、酒匂川が越水する想定で、
レスキュー関係、ヘリコプター、道路公団、土木建設業界、そして消防団が各部隊に振り分けられ、、



箱根の団は、水防施設部隊の杭拵え班となり、丸太からなたで杭をこしらえたのでした。
実際、昨年も台風直撃などあり、、、実際にこのような活動は起こらない方が良いのですが、、、

一番びっくりしたのは、この日全部通しで機材・備品・ヘリコプターまで本物使用で壮大なスケール
なんだけど、実はこれはあくまで予行演習ってこと。 
つまり演習の練習!!
再来週の本番までに、労力と予算とスポーツ広場グランドの復旧が2回分かかるってこと!!

とても為になった、が、生かしたくない経験でもある、
災害対策はすべての市民共通で理解を深めるべきものなのだろう。


この記事へのトラックバックURL

http://yoshiike.wakadanna.jp/t839
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません