2008年01月04日

2008幕開け

好天に恵まれたお正月に今年も箱根駅伝の学生達が沿道一杯
箱根をふるわせてくれた!!

6区湯本から最後の約3キロが実は猛烈なダメージを選手に与える、
緩やかな下りなのだが、山をジェットコースター状態で駆け下りてきた後
まるで急に絶壁が立ちはだかるような錯覚、消耗により筋肉の使い分けに神経がまわらない。。。




↑ 箱根をTOPで帰っていった早稲田と、次回予選会枠をひとつ増やした学連選抜(平成国際)
これ、すごい場所で撮影は地元民のなせる業。 テレビに映ったかな?

駅伝みていて浮かんだ言葉=”耐性”   ヒントになるかな


Posted by る~び~oarsman at 11:51│Comments(2)TrackBack(0)Bulletin

この記事へのトラックバックURL

http://yoshiike.wakadanna.jp/t698
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
すごいアングルの写真です。ホント地元民ならではだね。

駅伝は、二重三重の人垣に混ざり東神奈川付近にて、往復と応援しておりました。ボートのRow-out もすごいけど、倒れるまで走ってしまう駅伝も凄まじいよね。このような競技がお正月の風物詩として続く限り、日本も大丈夫だなんて安心してしまう私は相当脳天気です。

今年もよろしくお願い致します。

太郎
Posted by 太郎 at 2008年01月04日 22:38
あけましておめでとうございます
ひさしぶりのご自宅での年越しはいかがでしたか?
浦島丘に再訪はもうすぐか!

今年もヨロシクお願いします。
Posted by 太郎さま at 2008年01月05日 14:38
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません