2007年01月23日

台北 ローカルフード

海外研修のツアーは食事もついていて、まぁご馳走なんだろうけど、、、
旅行社の取引先って思っちゃうのと、実際もう一つって事が多いじゃないですか。経験ありません?

必ずローカルフードを求めてツアーを離脱します。どこに行ってもね!
今回は鳥のぶっかけメシ、鶏肉飯=ジーローファン(と発音)を目当てに地図をもって地下鉄に・・・

”嘉義鶏肉飯”(発音不明)に辿り着き、昼時、もうごった返しの店内で
英語も通じず悪戦苦闘も、即座に店の作法を察知して、注文に成功した。

↓ もうスゲーんだ、ごっちゃごっちゃに混んでる


↓ 香菇鶏湯 と 鶏肉飯 

滋味深い薬膳鶏スープと有名地鶏クラスのほぐした鶏の素晴しい香りに薄めのタレ、サイコー!!
レストランのしょっぱいコースより、意外や食堂の方が薄味で素材が生きてる。

↓ 2品でNTD75(元) = 約280円


この記事へのトラックバックURL

http://yoshiike.wakadanna.jp/t238
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません