2007年04月12日

包丁式

日光の二荒山神社拝殿で調理師さん達の「包丁感謝祭+俎板開き」の奉納儀式があり見学へ。
四條眞流という派のもので毎年恒例らしいが、今年、調理長が一門の一人として一役いただいた。

神事なので、とても厳か、ひとつひとつの所作に緊張感がある。


まだまだ”超”若手のようですが、大切なお役目をいただいたようです。


師範の方は白装束。 鯛に向かう本日の刀主はワタクシも存じ上げてますが大ホテルの板長。

素敵に思うのは、それぞれのお店のアタマ張る板前さん達が、
依然学びの姿勢を持ち続けて個々の研鑽を心がけていることでしょうか。  

Posted by る~び~oarsman at 14:55Comments(0)TrackBack(0)学ぼう